テーマ:霊障医学

ごきげんさん 2018.6.13.

6月23日(土曜) 東京 サンパール荒川で開催される「いのちの水 全国大会」で、 「霊障と尿療法」をテーマにお話させていただきます。 今朝、天からモチーフが降ってきました。 ちょっとレジメをチラ見せ・・・ 尿は波動水です。 1)生体のすべての情報を波動で蓄えています。胎児の時から今までの人生の記憶です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.6.9.

「霊障医学」を読まれて、これまでさまざまな病医院や民間療法をさまよい続けてきた患者さんたちが診察に来られるようになりました。 先日、「これはホンモノの霊障だ!」と診た患者さんに「光の前世療法」を行いました。 過去生へ降りるテーマは「私の霊障の根本原因となった過去生へ」です。 初めて催眠誘導を受けられた方でしたが、とても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.5.23.

10年前のひどいストレスから幻聴が出て、以後、統合失調症の精神薬を飲み続けている患者さんが初診されました。 精神科医に、「あなたは霊障病だ。治療方法はない」 と言われたそうです。 いろいろな民間療法や霊媒師、除霊師などを訪ね歩いたそうです。 霊障が祓われてると、頭の中にグワングワンとする強い頭重感が起こって・・・しばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.5.10.

「霊障医学」が出版されて、多くの方々から祝福の声をいただきました。 ありがとうございます! 自然医学のこと、尿療法のこと、波動量子医学のこと、漢方鍼灸医学のこと、まぐ愛のこと チベット医学のこと、光の前世療法のこと、 そしてもちろん霊障のこともわかっていただけると思います。 どれかピーン!と来たら、それが今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.5.9.

「霊障医学」が本日発売されました\(^O^)/ 昨年秋に「霊障医学」を書き始めたきっかけは、これは霊障病じゃないの?と考えるしかない病を立て続けに診たことからでした。 どの病も東洋医学的に診れば、もちろん冷え・悪血・邪気の三悪がそろい踏みしていました。 華佗刺絡氣功で波動量子的に診ている最中に、ものすごい邪気とともに憑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.5.3.

土日曜祝日も診療していますか? 世の中はゴールデンウィークですので、このお問合せが増えました。 保険診療は良い子な保険診療医の皆さんと同じくお休みですが、 自由診療は初診・最新共にやっています。 私の陰陽師 西谷泰人先生のスケジュールを見ると、連日休みなしで手相鑑定や人生相談、手相スクールをやっておられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.4.24.

2週間前に風邪をひきました。本格的な風邪は7年ぶりかな? 熱はないし、のどの痛みもありませんが、咳:特に夜間の咳がとっても酷い気管支炎でした。 あまりの咳に眠れない夜が続いて、なるほど気管支肺炎はこんな感じで死ぬのか・・・と思ったくらいです。 (肺炎球菌ワクチンをしていたら本当に死んでいたかもしれません) 漢方的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.4.19.

「霊障医学」出版記念セミナーのご案内 いろいろ試してみたけど、なぜか治らない「なぜか病」に悩んでいるあなた。 もしかしたら、それは「霊障病」かもしれません。 数々の難病奇病に立ち向かってきた自然医学医が、「チベット医学」に基づきひもといてきた霊障のメカニズムを解説。 さらに会場では、治療にも導入している「光の前世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.4.18.

「霊障医学」がいよいよ5月9日にヒカルランドさんから出版されます。 昨夜、最終校正を終えて、後は出版を待つばかりです。書き始めてちょうど半年でここまで来ました。 表紙カバーをご紹介しますね。 霊障医学 なぜか治らない「なぜか病」に悩んでいる人必見! それは、「霊障病」かもしれません。 今、日本人を苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.3.25.

華佗刺絡氣功と共に「チベット尿診」を希望される方が増えています。 (注:チベット尿診は、華佗氣功刺絡の上級コースと霊障診察・治療だけで行っています) チベット尿診とは? 「霊障医学」から抜粋しますね。  チベット医学の診察の特徴は、脈診と尿診を重要視していることです。特に尿診は素晴らしい波動医学診断です。このチベット尿診で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.3.10.

時々、華佗刺絡氣功の患者さんの手十井穴刺絡で「これは霊障だな」とわかることがあります。 手十井穴刺絡とは、手指の爪の左右の根元をわずかに針で穿刺して、出てくる血を絞り出す鍼術で、鍼灸の聖典「黄帝内経」の中に多数出てくる最強の鍼術です。 10本の手指には、全身に広がる経絡が集まっています。その経絡を刺絡することで、経絡の邪気や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.3.7.

本日、「霊障医学」がヒカルランド様から出版されることが決まりました! \(^^@)/\(^^@)/\(^O^)/ 4~5月に発刊の予定です。 初校をいただきましたので、これから校正に入ります。 乞うご期待! 目次 第1章 霊障について ・なぜか病 ・霊障病になりやすい人 ・霊障病との出会い 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.22.

黄泉比良坂 5 死を迎えて魂:意識体が身体を離れて宙に浮かび上がった時に、懐かしい両親や信心していた神様や仏様が出迎えてくれることがあります。 「迎えに来てくださったんだ。ありがとうございます」と誰しも思います。 その時、出迎えてくれた両親や神様がとても怒っていたり、悲しんでいたり、辛そうにしていたり、無視されたりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.20.

黄泉比良坂 3 死んで魂:意識体が肉体から宙に浮かんだ時点では、まだ、生きていた時の思念、さまざまな感情、後悔や決心が魂にまとわりついています。 生卵の白身と黄身のような感じです。白身が思念など、黄身が魂です。 その白身の思念が幸せ、感謝、悦び、満足で充ちていれば、黄身の魂はツルッと白身から抜け出して天へと昇っていけま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.16.

みなさんは死んだことがありますか? 光の前世療法では、過去生での死の場面を必ず見ていただきます。 あなたの意識は、過去生の貴方とシンクロして同一視状態にありますから、擬似的に死の体験ができます。 ガイドしている私が宗教家なら、いくらでも我が宗教の教え通りに死のプロセスをたどるように誘導できますが、「死の場面を見て、死の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.2.

「霊障医学」から・・・(ただいま、お原稿の校正中) 華佗という名を初めて使わせていただいたのは2016年の末でした。 同年の晩秋頃から時々夢の中に華佗老師が現れては、刺絡や鍼灸のこと、氣功のこと、漢方薬のことなどを伝授してくださるようになりました。
 正直言って、私は三国志にあまり興味がなく、夢に現れた老師が華佗だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.1.

「霊障医学」のお原稿を書き終えました。これから出版社さんへの売り込みです。 「出版不況だからね~」 これまでに何十回も断られてきて、こころに大きなトラウマを抱えていますが この本で「なぜか治らない病」が治る人がいるはずだ、という確信だけが明日へのエネルギーになっています。 今日は「霊障医学」の おわりに から一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.30.

「スリランカの悪魔祓い」を書かれた上田紀行さんは、すでに30年前に「日本人には何かが憑いている」と指摘されています。私も、実は日本人は憑依されやすい体質だと感じています。その第一の原因は、喜怒哀楽の表現が下手なことです。  感情を抑え込んでいると、こころの換気が悪くなります。動物霊は暗い気持ち、ジメジメしたこころが大好きです。いつもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.29.

霊障医学から  霊障などあるわけがない。 西洋医学の世界では、霊障はオカルト扱いなのも当然のことです。 科学的に観測できない、医学的に実体がつかめない、エビデンスもない・・・確かめようがないのですからオカルト枠です。  
 東洋医学の世界でも、霊障病の漢方鍼灸治療法はわずかに散見される程度で、チベット医学だけが霊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.24.

今日も「霊障医学」からのお裾分けです。  聴覚も霊障の宿になります。  人の口から出た悪口に乗って霊障が耳から入ってきます。  自分の口から出た悪口にも霊障が乗って耳から入ってきます。  霊障は人への陰口や中傷が大好きです。蜜に引き寄せられる蟻のように、霊障たちが悪口に集まって来ます。  ついてない、不幸だ、ダメだ・・・神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.22.

霊障医学からお裾分けです。 デジタル霊障  五感を大切にするとは、感性を大切にするということです。  スマホをずっと見ながら歩いている人たちは、電車内でも、ATM待ちの行列でも、ラーメン屋のカウンター席でもずっとスマホです。カップルでいても二人ともスマホに釘付け。きっと朝起きた時から夜寝るまでずっとスマホなのでしょう。  電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.21.

「霊障医学」からのおすそわけです。  運命への霊障  運命が呪われている・・・何をやってもうまくいかない時があります。  なぜなんだろう?と自問自答を繰り返し続けながら、現実的にも精神的にも霊的にも、考えついた万策を尽くしても、尚、うまくいかない時があります。  人生を神の目で俯瞰してみても、なぜうまくいかないのかわからない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.18.

霊障医学 予防篇から  香水や芳香剤やタバコの毒香が年々とてもひどくなっています。 朝のエレベーターや電車バスの車内は毒香地獄です。 この人たちの嗅覚は死んでしまってるなぁ、と悲しくなります。  第一脳神経である嗅覚は、古脳を代表するもので、本能と直結しています。 身体に入れて良いものと悪いものがわかる本能です。 近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.1.16.

霊障医学を執筆中です。その中の霊障予防篇から「早寝早起き」の書き下ろしをご披露しますね。(まだ校正未です)  早寝早起きも霊障予防にとても効果的です。 何と言っても早朝の浄化された清氣と眩しい朝日を浴びると、どんな動物霊や霊障の邪力でも弱まってしまいます。 古今東西、朝日を浴びると元気になる物の怪はいません。 元来、この世の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more