テーマ:能楽

おはようさん 2014.9.28.

岡本太郎さんの「今日の芸術 時代を創造するものは誰か」を読みながら、今日は京都観世会館の能楽三昧を楽しんできました。 太朗さんと能楽とは対極 ものすごい自己矛盾なのですが、それをも楽しみながら能を観ていると、哀れな保身の伝統の向こうに、飛びかかり躍動しようと身を低している能楽の真髄が垣間見られたように感じました。 庶民の、というよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはようさん 2014.3.30.

今日は能楽師 深野師匠・宮本先生・鷲尾先生のお教室の合同発表会でした。 (正式名は 春興会) 私は「大仏供養」の謡いで、シテ方 平家の悪七兵衛景清をさせていただきました。 謡いを始めて、まだ1年とちょっと。 そう小学2年生のような、ちょっぴりお兄さんでうれしくて、まだまだ初々しくて何をやっても楽しくて、怖いものしらず・・・です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはようさん 2014.1.22.

今夜は謡いのお稽古日。 観世流能楽師の深野貴彦先生に習っています。 一昨年の京都能楽大連吟「高砂」のご縁で始めた謡いですが、ちょうど1年が経ちました。 謡いも能もまったくの素人、そう、観たこともなかったし、多分、みなさんと同じような先入観を持っていました。 そして今は・・・やってみると面白い! 何より健康に良い! 「丹田に力を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おはようさん 2013.10.13.

日曜日はいよいよ能楽の謡いデビューです。 所は奈良新公会堂の能舞台。 題目は橋弁慶。 はい、シテの弁慶役を謡わせていただきます。 観世流の観世清和家元のCDを超ヘビーローテーションして耳コピーしたので、大丈夫だとは思いますが、勝負は時の運。 まぁ、能舞台上での一回勝負ですから・・・完璧だけどまだまだあまちゃんな自分に満足して望みま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはようさん 2013.9.23.

京都観世会館で能楽三昧した後、近くの菓子司平安殿で、「ほっぺたとろけるおはぎ」(by 茶道友のクリーミーちゃん)を買ってきて、いつもの黒谷・真如堂の散歩道を歩いて・・・善き日だなぁと秋分の前日を楽しみました。 見てきた能楽は小督・三井寺・天鼓です(狂言の鬼瓦も)。 小督は天皇に寵愛されていた琴の名手の小督局がいろいろあって嵯峨野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはようさん 2013.5.21.

今年初めから能楽の謡いのお稽古に通っています。 なれそめは、去年の秋の京都、能楽大連吟に初めて参加したことでした。 能楽大連吟とは、12月に各地で開催されるベートーヴェンの第九合唱のPure JAPAN版です。 誰もがTVの時代劇の祝言の場面で一度は聞いたことのある「高砂」を謡いましょう、という会です。 「高砂」 謡えたらむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more