ごきげんさん 2018.2.26.

黄泉比良坂 10  天の大いなる光へと昇りながら今生を神の目で見下ろしている魂の意識体には、今生のさまざまな人間関係の本当の意味も見えてきます。  なぜ今生ではこの両親の下に生まれてきたのか?  なぜこの伴侶と結ばれたのか?  なぜこの子供たちを授かったのか?  なぜか人生の節目節目に当然現れて助けてくれる人がいたり、迷い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 218.2.25.

黄泉平坂 9  良い思念、悪い思念から自由になった魂の意識体は、天の大いなる光へと昇りながら今生を神の目で見下ろします。  死を招いた病を神の目で見ると、その病の本当の原因と、病が教えようとしてくれていた学びが見えてきます。  波動の低い魂には、暴飲暴食をしていたから、過労だったから、ストレスを抱えすぎていたから・・などが病の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 20182.24.

黄泉比良坂 8  亡くなって身体から離れて宙に浮かんだ魂:意識体は、「上へ昇ろう」と特に意識しなくても自然と上へと昇っていきます。  卵の黄身である魂と白身である意識体は、上へと昇るにつれてゆっくりと分離していきます。  意識体の中にはさまざまな思念が混じり合っていますが、感謝や慈愛などの良い思念はずっと魂と一緒に上へと昇って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 218.2.23.

黄泉比良坂 7 水子の話 水子は成仏できずにあの世を彷徨っているから、ちゃんと供養してあげましょう。 これは素晴らしい宗教商法のひとつです。見事のひと言に尽きます。 光の前世療法を通じて、たくさんの水子たちとお母さんの再会をガイドしてきましたが、一例たりとも水子が恨んだり、悲しんだり、あの世を彷徨っていた例はありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.22.

黄泉比良坂 5 死を迎えて魂:意識体が身体を離れて宙に浮かび上がった時に、懐かしい両親や信心していた神様や仏様が出迎えてくれることがあります。 「迎えに来てくださったんだ。ありがとうございます」と誰しも思います。 その時、出迎えてくれた両親や神様がとても怒っていたり、悲しんでいたり、辛そうにしていたり、無視されたりする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.21.

黄泉比良坂 4 自殺をすると成仏できないとか、天上の光に昇っていけない、と思っている方がたくさんおられます。 自殺した過去生も何百例と見てきましたが、死体を離れて宙に浮かんでしまえば、あとは病死や事故死の魂:意識体と同じ道程を辿ります。 自殺と病死や事故死の大きな違いは、「死ぬまでの間」にあります。 病死や事故死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.20.

黄泉比良坂 3 死んで魂:意識体が肉体から宙に浮かんだ時点では、まだ、生きていた時の思念、さまざまな感情、後悔や決心が魂にまとわりついています。 生卵の白身と黄身のような感じです。白身が思念など、黄身が魂です。 その白身の思念が幸せ、感謝、悦び、満足で充ちていれば、黄身の魂はツルッと白身から抜け出して天へと昇っていけま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.19.

黄泉比良坂 2 死んで魂:意識体が肉体を離れて宙に浮かぶと、想念の現実化を起こせます。 思い通りの世界、望んでいたビジョンの中に、あたかも生きている自分(の意識)が居るように思えます。 死ぬと極楽往生して如来さまはじめ多くの仏さまたちが八雲に乗って迎えに来てくださる・・・と信じていれば、自分が描いた通りのビジョンで魂は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.18.

霊障医学を考えるきっかけとなったのは「なぜか治らない病」が増えてきたことでした。 西洋医学は対症療法ですから、治らないのは当たり前ですが、 東洋医学で根本治療しても「なぜか治らない病」が目立ってきました。 古代中国の伝説的名医 扁鵲(へんじゃく)は、「どうすれば病は治らないか?」を六不治としました。 六不治をググ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.17.

4年前から喘息を発症して、現在は京大病院で治療中ですが進行が早く、COPD慢性閉塞性肺疾患に陥ってしまい、余命5年と宣告されている患者さんが友人に紹介されて初診されました。 同じ4年前から手のすべての爪の発育が止まってしまう奇病も発症して、現在は指先が痛くてたまらない日々を送っておられます。 大阪で一番の皮膚科の名医にも診て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.16.

みなさんは死んだことがありますか? 光の前世療法では、過去生での死の場面を必ず見ていただきます。 あなたの意識は、過去生の貴方とシンクロして同一視状態にありますから、擬似的に死の体験ができます。 ガイドしている私が宗教家なら、いくらでも我が宗教の教え通りに死のプロセスをたどるように誘導できますが、「死の場面を見て、死の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.15.

慢性腎不全で透析寸前だった患者さんたちも、50日間の尿断食でクレアチニン9台から6台へ、BUN60台へとゆっくり回復してきました。 腎機能が回復へと向かうにつれて、肝機能障害やSIADHの水中毒といった症状が現れています。 脈診から遅発性の瞑眩反応ではないことはわかりました。 ここからは推察ですが、この回復期に現れる症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.14.

アーユルヴェーダの脈診とチベット医学の脈診の違いをご質問いただきましたので、以前(2017.11.27)書きましたが、再掲します。 アーユルヴェーダの脈診では、患者さんが男性の場合は右手の脈を、女性の場合は左手の脈を診ます。 チベット医学の脈診は両手の脈を診ますが、診る項目はアーユルヴェーダの脈診とほぼ同じです。 中医学も両手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.13.

幼稚園年長さんの男の子(長男)が発達障害児キャンペーンに捕まってしまい、4月の小学校入学までに精神科で診察治療(つまり向精神薬の服用)を受けるように勧められたとのご相談(セカンドオピニオン)でお母さんが初診されました。 幼稚園の先生曰く お昼寝中のおねしょ・おちつきがない(先生の話をジッと聞くことができない)・友だちが遊んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.208.

「喜ばせる」「人に喜ばれる存在になる」 今朝のアダム徳永先生のレターで熱く語られていたテーマです。 私にとっても、とてもタイムリーなお話です。 最近、腎不全や末期ガンの患者さんのセカンドオピニオンが増えました。 腎不全や末期ガンの患者さんが知りたいのは尿療法・尿断食や少食療法のことだけなのはわかっていても、華佗五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.10.

中学時代の親友が悲惨な近況をFBで吐露してました。 ・正月明けに餅を噛んで奥歯が割れて神経露出 ・その10日後に膀胱炎 ・その7日後に39度熱発 腎盂腎炎の診断で抗生剤投与 ・その7日後に39度熱発再燃 ・その3日後に敗血症性ショックで緊急入院 ・現在、口腔常在菌による感染性心内膜炎の診断で、5~8週間の抗生剤投与予定 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.11.

今回の大吉方旅行では、尿療法の大書を再読しています。 尿療法大全と尿療法バイブル どちらも尿療法の臨床報告がたくさん掲載されていて、なるほどなぁ、と参考になる症例も多いです。 尿療法大全には、古代インドの尿療法の秘伝書が載っていて、尿療法の歴史を詳しく知ることができます。 尿療法バイブルは、自然医学を前面に押し出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.12.

西谷泰人先生の大吉方旅行(なんと4倍大吉だ!)から帰阪しました。 帰りの高速バスで・・・途中休憩のSAで運転士さんから 「車両に不具合があるため、このバスからすぐ後続のバスへ乗り換えてください」とアナウンスがありました。 なんでも高速走行中に雪上のような横滑りする感じがしたとか・・・ 不機嫌そうにブツブツ言ってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.6.

尿療法でお問合せが多いのは、ガンと腎不全の患者さんです。 腎不全の方は、そろそろ透析しましょう、と透析医から宣告された患者さんが主です。 ガンの方は、3大標準療法(手術・抗癌剤・放射線治療)を受けられた方もおられますが、主に標準治療を拒否されて、さまざまな統合医療のひとつとして尿療法に望みを託されている患者さんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごきげんさん 2018.2.4.

「腎不全になぜ尿断食が効くのですか?」とのご質問を多くの方々からいただきました。 尿断食は、自尿全部を飲尿するのが原則です。 それに、ビタミン&ミネラル補充の目的でニンジン+リンゴジュースを適宜、飲んで頂きます。 生姜白湯や蜂蜜白湯もOKです。 すると、この尿断食中は、腸管(小腸&大腸)は完全休養できます。 小腸&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more